会社設立の前に税理士紹介サービスを利用するメリット

会社を設立する時に、様々な手続きのサポート役を、専門家に頼む人も多いと思います。自力でやるには難しさを感じる作業ですし、間違いがあっては困ります。

 

以前は会社設立の一大イベントが定款の作成や法人登記であることから、司法書士に依頼するケースが代表的だったと感じていました。

 

最近では行政書士などが他の士業と提携し、格安料金や設立完了までのスピーその早さなどをセールスポイントとして、旺盛な営業活動を展開しています。

 

しかし税理士と縁が深い立場からすると、会社設立に当っては、事業計画の段階から税理士を介在させることが適切だと言いたいところです。

 

税理士も会社設立を請け負うところが少なくありません。登記関連については司法書士と提携して手続きを進めますが、税理士ならではのサポートの仕方があります。

 

会社を設立したら、税金とは切っても切れない関係になります。この税金対策は、実は会社設立の計画段階から始まっているのです。

 

このために、事業計画を立てる段階で税理士の利用をするべきだと考えますが、どの税理士でもよいという訳ではありません。

 

まず会社設立の仕組みについて詳しい人材であることが必要ですし、利用者が行おうとしている事業について、理解があり業界動向にも詳しい税理士であることが望ましいです。

 

また会社設立時には資金需要も発生するものです。各種助成金や補助金、公的な支援制度や金融機関との融資交渉などの腕も必要です。

 

こうした能力と経験を持つ税理士を探す時、便利に使えるのが税理士紹介サービスです。

 

このサービスでは利用者の条件にあった税理士を探して紹介してくれます。それはシステマチックに行われるもので、紹介を拒否することも簡単ですし、複数の税理士と同時に交渉を進めることも可能です。

 

多くのサービス事業者では、利用者側の料金を無料にしているところも多く、気軽に比較検討が出来る仕組みとして、大いに利用したいところです。

 

ここでは目的に応じた税理士探しも可能です。会社設立時の手続きに強みを発揮する税理士と、創業以後の税務会計の面倒を見てもらう税理士が、必ず同じ人物でなければならないという決まりはありません。

 

こうした条件による税理士を、幅広い視点から選べることも、税理士紹介サービスの利点だと思います。

 

個人の紹介や直接交渉となると、なかなかドライには割り切れないもので、遠慮や妥協が生まれてしまうものです。

 

しかし税理士は経営の根幹を手助けしてくれる存在であり、出来れば長く付き合い続けたい人材ですから、選び方には慎重かつ冷静に見極めたいものです。

 

そこに仲介者という第3者の視点と、優れたマッチングシステムがあるのが税理士紹介サービスです。機会があればぜひ利用してみましょう。

 

→会社設立時から税理士を紹介してもらえるサービス